昆布は、長寿食

昆布は、長寿食

今から約2000年前、秦の始皇帝が徐福に命じ東海の蓬莱島(日本のこと)へ求めたという不老長寿の薬は、実は昆布だったという説があるとか(他にも諸説あります)。 おそらく、内陸部の食べ物では得られないヨードなどの栄養が海藻には含まれているからでしょうね。西洋はもちろん中国料理でもほとんど使われることのない海藻を、日本では民族食として食し、中でも長寿で名高い土地では昆布を初めとする海藻をよく食べています。

日本だけでなく世界的にも循環器疾患は確実に増えつづけ、WHO(世界保健機構)によると、21世紀にはすべての国で循環器疾患が最大の死因になると予測されています。

心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患は、高血圧等が原因となることが多く、薬などに頼るよりも食事を中心とした生活改善で予防することが推奨されています。さまざまな実験や研究で、穀類を主食に、海藻や魚食、野菜をおかずとする日本型食事が理想的であるとされ、特に海草類は、西洋では歴史的に食されることがないだけに注目されています。

■循環器系疾患の予防・改善に

では昆布の何が、循環器系疾患に効果があるのでしょうか? 昆布に豊富に含まれている食物繊維・マグネシウム・銅の働きに注目してみましょう。

まず食物繊維のアルギン酸は、体内への塩分の取り込みを抑え、日本人がつい取り過ぎてしまう塩分を効率よく体外に排出してくれます。それにより高血圧や動脈硬化に抜群の予防効果を発揮し、脳卒中や心臓病を起こしにくくするのです。また、ラミニンというアミノ酸は、一時的に血圧を下げる働きをしています。

マグネシウムも、塩分を排出する働きを良くして、高血圧を防止する効用があります。マグネシウムはストレスが多いと減りやすく、また、これを充分に取ると心筋梗塞や脳卒中が起こりにくくなるそうです。ストレスが多い方は、意識的に昆布を食べましょう!

銅は、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールが酸化酸化するのを防ぎ、動脈硬化の防止に役立つ酵素を作ります。銅は最低でも1日2〜3mgを摂取する必要があると言われています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。